杏、腸炎で緊急入院!腸炎の原因と治療法とは?

8月5日、女優の杏さんが、腸炎で入院していることが明らかになりました。

杏さんと言えば、元旦に俳優の東出昌大さんと結婚されて注目を集めました。

また、この夏放送の「花咲舞が黙ってない」で主演を務め、人気を博しています。

そんな杏さんが腸炎になり入院したと言うのです。

症状やドラマなどはどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

杏、入院する

an

画像引用元:旬・雑学.com

女優の杏さんが入院した原因は「腸炎」。

8月5日の朝に腹痛を訴え、病院で診察を受けたところ、腸炎と診断されたそうです。

 

症状はそこまで重くはないようですが、所属事務所によると、

「大事をとって入院しました」

とのこと。

 

高視聴率をとれ、バラエティもこなせる女優さんなだけに、やはり体調を万全にして仕事に復帰されるようで、退院時期や復帰時期はまだ未定とのこと。

 

放送中の「花咲舞が黙ってない」に関しては、6月末にクランクアップしているそうなので、ドラマに対しての影響はないようです。

ドラマを楽しみにしているファンからすれば、一安心です。

 

しかし、杏さんがなった腸炎とは、どういったものなのでしょうか?

 

腸炎とは

腸炎とは、書いて字のごとく、腸の粘膜の炎症の事です。

症状としては、杏さんのような腹痛、それ以外にも、下痢・嘔吐や発熱などもあります。

 

腸炎は、急性、神経性、慢性など種類があります。

今回杏さんがなったのがどれかはわかりませんが、急性腸炎ではないかな?と勝手に推測してます。

軽症と言えども入院するほど、と言うことは、下痢や嘔吐を繰り返し、脱水症状に陥る危険性があったのではないかと思います。

今はとても暑く、健康でも熱中症になる方も多いので、大事をとって入院されたのではないかと思います。

 

急性腸炎とは?

急性腸炎の症状は、下痢が多いようです。

お腹を冷やしてしまった時や、腐ったものを食べてしまったとき、また、消化不良を起こした時などに、急性腸炎になりやすいようです。

軽症ですと、1日に何度かの下痢で済みますが、重症になると腹部の激痛と、高熱、1日に10回以上の下痢など、トイレから離れられないのでは?というくらいしんどくなります。

 

下痢をする、ということは、体力が非常に落ちると言うこと。

更に、水分が体内からどんどん奪われていきますから、医師からも水分だけはなんとか補充するようにと言われます。

 

下痢をしている場合は、無理をして食事をしなくてもかまいません。

とにかく絶食して、水分だけをチビチビと摂り続ける必要があります。

 

この時、無理して食事を摂ったりしていると、慢性腸炎になってしまうかもしれません。

 

慢性腸炎とは?

慢性腸炎は、急性腸炎とは違い、1日に1回~2回程度の軽い下痢(または軟便)があり、激しい腹痛などはほとんどありません。

しかし、急性腸炎と違い、慢性になっていることから、完治するには時間が必要です。

 

基本的には、冷たい飲み物やアルコール飲料等は避けて、食生活をきちんと改善していくことが大切です。

消化の良いものを食べるように心掛けましょう。

 

神経性腸炎とは?

いわゆる「神経性胃腸炎」です。

ストレスを体が感じると、お腹が痛くなり、下痢になったりする場合のことです。

しかし、胃腸を調べても、基本的に不調は見つかりません。

 

また、他の腸炎と違い、ムカムカしたり、胃酸が上がってきたり、食後に胃もたれが起きたりなど、症状も様々です。

 

この場合は、医師の処方する薬を飲むとともに、ストレスをきちんと発散させていかないと、慢性化しやすくなってしまいます。

 

症状自体もストレスとなってしまうため、とにかく早く改善することが望ましいです。

病院が嫌いでも、すぐに行った方が改善も早いのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

 

ウイルス性腸炎とは?

感染性腸炎の一つで、よく冬に流行する、「ノロウイルス」などが代表例です。

私も数年前になりましたが、かなりしんどかったです。

病院で点滴を打ってもらったら、かなりマシになったので、感染してしまった場合には、早めに受診、水分を摂るのもしんどいようなら、点滴を打ってもらうと、少しは楽になります。

 

嘔吐、下痢、発熱。身体もとても怠くなります。

症状が治まっても、2週間程度はウイルスが体から出ている(便として)ので、家族等にうつさないようにしなければなりません。

 

学生なら、症状が治まるまでは出席停止、食品を扱う場合は、更に2~3日は休んだ方が無難とされています。

 

脱水症状に陥りやすいので、乳幼児や高齢者が感染した場合には注意が必要です。

 

細菌性腸炎

これも感染性腸炎の一つです。

夏に多く、サルモネラ菌やカンピロバクターが原因で起こります。

昔流行った、O-157もそうです。

 

症状や治療法、予防法はウイルス性腸炎と同じです。

 

基本的には、手洗いを励行し、普段から免疫力を下げないように生活していれば、万が一感染しても症状は軽く済みます。

 

バランスの良い食事を摂り、十分な睡眠・休息を心がけましょう。

 

まとめ

杏さんは腸炎で入院・退院は未定

腸炎は下痢が主な症状で絶食が基本

医師の診察を受け、必要なら点滴を

手洗いと、規則正しい生活が予防の第一歩

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP