自動車のドアについた「爪痕」を消す方法!!コーティングしてても消せる?

昨日、夫である「ひーくん(仮名(笑)好きな漫画から拝借)」が、悲痛な面持ちで、

「気になることがある…」

と言ってきました。

(何事?!こっそりチキンヒーロー食べたのばれた?!)

とびくびく(笑)しましたが、ひーくんが凹むことは決まっていて…

スポンサードリンク

新古車が…!!?

car_minivan

6月末に、マシントラブルにより、仕方なく買い換えた新古車。

それに傷が入っていると、ひーくんに言われました。

しかも、はじめの言い方だと、まるで誰かにボディを傷つけられた、と言う感じだったのですが、実際は違いました。

 

ドアノブのところに爪痕がある!!

 

……それだけ?

と、正直思ってしまいました。

 

ご想像通り、ひーくんはA型の神経質。

ちょこっとついた爪痕が気になる様子で、仕事の休憩中にまで電話してくる始末。

 

こうなると面倒臭いのがひーくんの特徴です(笑)

しつこいし、うるさいし、人のせいにしようとするし。

 

前の車で怒られたから、気を付けていたんですけど、いつの間についたのか、はじめからついていたのか…。

 

新古車とはいえ、展示場で1年以上置いてあったらしいので、他のお客さんが開けたりしたら爪痕ついててもおかしくないよな~と。

もしかしたら私かもしれないけど(助手席側なのでw)、一応気を付けていたし、私ってことになると夫婦げんかになるので、車の販売店のせいにしておいて…(笑)

 

しかし、爪痕なんて消せるのか?!ということで調べてみました。

 

爪跡消したいけど…

しか~し!!

 

ここで問題発生。

実はうちの車は、

グラスシーラント

というコーティングをしているんです。

新古車購入の際、絶対につけないと安くならないパックに含まれていました。

別にコーティングしなくても良かったんだけど、しないと新古車をお安く買えなかったので、仕方なくしてもらいました。

 

なので、簡単に削ったりはできない!!

変なことをして、色でも変わったらそれこそ離婚物です。

(ひーくんは何よりも自分の所有物が大切なタイプなんですw)

 

コーティングしてない場合は

コーティングしていない場合は、「コンパウンド」というもので削るといい、と色々なサイトに書いてありました。

 

しかし、免許のない私はコンパウンドがわからない( ;∀;)

で、また調べてみました(笑)

 

スポンサードリンク

 

コンパウンドとは

いわゆる「磨き粉」「研磨剤」のこと。

紙やすりの液体(またはペースト)バージョンだと思えばいいそうです。

紙やすりよりはとても細かい研磨剤だそうです。

浅い傷にしか使えません。

塗装面を、浅い傷と同じ深さに削って、傷を目立たなくさせるためのもの、のようです。

とはいえ、削りすぎると塗装そのものがなくなってしまう可能性もあるので、気を付けないといけないようです。

 

他の方法としては、傷取りクリーナーワックスを、「ウエス(機械手入れ用の雑巾のこと)」につけてこすれば簡単に落ちる、とか、水垢とり用のワックスでも簡単に取れるそう。

(ネットで調べると、「ドアノブ傷消し」という専用の商品もあるようなのですが、購入可能ストアがないので、割愛…。)

 

コーティングがある場合

コーティングがある場合の情報がとても少ないです。

コーティング禿げる剥げるのを覚悟で、コンパウンドを使うか…。

(その際は、綺麗になった後に、コーティング剤を塗りましょう)

 

一応、コーティングした時にもらえるセットの中に、

クリーナー

と言うものがあるので、後日試してみたいと思います。

このクリーナーは、

「雨スジ、ピッチ、タール等の油脂類の汚れ」

に使えるそうです。

爪痕も、ただの汚れならすぐに取れるはず…。

でも勝手にやったらやっぱり怒られるので、ひーくんと一緒にやって、報告したいと思います。

 

あとは、コーティングしてもらったお店に相談するか、ですね。

 

後日の報告をお楽しみに~(*’ω’*)

 

後日の報告はコチラ

 

まとめ

車のドアノブについた傷跡は消せる

コーティングしていないなら、コンパウンドで簡単に消せる

コーティングしている場合は、専用クリーナーで試してみよう

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

【続】自動車のドアについた「爪痕」を消す方法!!コーティングしてても消せる?

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP