季節もの 知恵袋 節約

お正月の遊び、福笑いで遊ぼう!手作りしてみよう!

更新日:

お正月にする遊びで、比較的難易度が低いのが、『福笑い』ではないでしょうか。

かるたやたこあげは、あんまり小さい子はできませんが、福笑いなら小さいお子さんから年配の方まで、みんなで楽しめます。

今回は、福笑いの遊び方と、手作りの仕方をお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

福笑いの遊び方

福笑い

まずは準備するものです。

◆福笑いセット(顔の輪郭と、各パーツ)

◆目隠し用の布

これだけです。

 

福笑いセットの作り方は後で書きますので、自作するなら布だけですみますね。

 

ルールはいたって簡単で、目隠しした人が、顔の輪郭の上に、目や鼻などのパーツを置いていくだけ。

 

ウチで遊んだときは、パーツを手渡しする役もいて、

「これ目ね」

「鼻だよ~」

と言いながら渡してました。

 

福笑いは、それぞれのご家庭でルールが異なる場合があります。

また、勝ち負けを競うこともできます。

 

勝利条件を作るなら、

正しい顔に近い人の勝ち

とか、

一番笑いを起こした顔を作った人の勝ち

と決めるといいと思います。

 

ウチでは、勝敗は競ってなくて、みんなが作った顔を見て、みんなで爆笑してましたww

これが結構笑えるんですよ( *´艸`)

 

折角のお正月ですからね。

「笑う門には福来る」

なので、しっかり笑っちゃいましょう!

 

福笑いの作り方

福笑いを買いに行っても、なかなか売っていないこともあります。

 

ないなら作れ!の実家の教え通り、作ってみたいと思います。

 

準備するもの

◆画用紙(無い場合はコピー用紙などでもOK)

◆ペン

◆色鉛筆やカラーペンなど、カラフルに塗れるもの

◆はさみ

◆下書きする場合は、鉛筆と消しゴム

 

作り方

まずは輪郭を描きます。

 

私は何にしようか迷ったんですけど、私が以前ゲームセンターで取ったぬいぐるみちゃんをモデルにしました。

輪郭①

ちょっとゆがんでる(;´Д`)

 

真っ白のままだとさみしいので、色を塗ります。

(子供の色鉛筆を拝借w)

輪郭②

肌色も塗ったんですが、ちょっとわかりにくいですね(;´Д`)

これで台紙は完成です。

 

次に、パーツを作ります。

ちなみに、台紙の上に、パーツを書く紙を重ねて、光の当たる窓にくっつけると、下の輪郭が透けて見えるので、上手にパーツを描くことができますよ♪

顔のパーツ①

スポンサードリンク

こんな感じでしょうか。

ぬいぐるみに鼻がなかったので、今回は描きませんでした。

 

こちらも色をつけます。

顔のパーツ②

ちょっと眉毛が太いけど、細くし過ぎると切るとき大変なのでそのままにします。

 

パーツを切っていきます。

顔のパーツ③

こんな感じになりました。

いろいろアンバランスなのは言わないでください(*´ω`)

 

これでできあがりです!

台紙と合せてみましょう。

完成

こんな感じです。

下手なのは仕方ありません(笑)勘弁してください(笑)

 

で、早速やってみました。

ドドン!

福笑い

おお、なんか惜しい!

口とほっぺはいいけど、目とまゆげがww

 

ちなみに、私がこれを作っていたら、子供も作りたがって、ハロウィン使用の、オレンジかぼちゃ福笑いを作っていました(笑)

お子さんと一緒に作ると、作る過程も楽しめて良いですね♪

 

いろいろな福笑い(それぞれリンク先に飛びます)

福笑い(ふくわらい) 「おかめ・ひょっとこ」

これぞ、ザ・福笑い!おかめとひょっとこの福笑いです。こちらも印刷可能です。

福笑い(ふくわらい) 「うさぎ・犬・ブタ」

小さいお子さんの喜びそうな動物福笑いです。印刷して簡単に作れちゃいます。

【作り方】福笑いを子供の写真を印刷して自作!

お子さんの写真をもとに福笑いを作る方法です♪一味違った福笑いです。

 

追記

福笑いを制作した後、子供が昔の幼児雑誌を見つけて、中に福笑いセットがあるのを発見!

早速夫に福笑いするのを強要してました(笑)

 

幼児雑誌などに、福笑いセットが付いているかもしれません。

小さいお子さんと福笑いしたいけど、自分で作るのはちょっと…という方は、お正月前などに幼児雑誌をチェックしてみるといいかもしれません。

ちなみに、子供が引っ張り出してきたのは、「たのしい幼稚園 1月号」でした。

参考までに。

 

まとめ

福笑いは買わないとできないと思っていましたが、お正月の遊びの中では、比較的簡単に作れると思います。

また、ルールは自分たちで決められちゃうので、マイルールを作って何度も楽しめちゃいます。

 

もちろん、市販の福笑いでも、抱腹絶倒になること間違いなしなので、ぜひやってみてくださいね♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

もしよかったら他の記事も読んでくださいね♪

お正月の遊びと言えばたこあげ!場所選びとあげ方

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-季節もの, 知恵袋, 節約

Copyright© MANA's NEWS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.