萩原流行バイク事故で死亡 うつ病だった?うつ病は運転しちゃダメって本当 ?

俳優の萩原流行さん(62歳)が、4月22日午後7時半ごろ亡くなりました。

原因は、バイクに乗っていたところ、ワンボックスカーに接触され転倒し、後ろから来た乗用車に轢かれたためとみられています。

転倒する際接触したワンボックスカーと乗用車の運転者から、警察が話を聞いています。

萩原さんはうつ病だったと言われています。

更に、昨年10月にひき逃げ容疑で書類送検されています。

うつ病と萩原さんが起こした事故、関係があるのか調べてみました。

スポンサードリンク

萩原流行バイク事故で死亡

hagiharanagare

画像引用元:萩原流行オフィシャルブログ

いきなりの訃報で、筆者も「うそっ?!」と一人で声をあげてしまいました…。

心よりお悔やみ申し上げます。

 

車線変更しようとしたワンボックスカーに接触して転倒したと言うことですが、転倒しただけなら怪我だけで済んだかもしれません。

その後、後ろから来た乗用車に胸を轢かれたため、亡くなったのではと推測します。

警察が今、両方の運転者から話を聞いているそうですが、萩原さんに過失がなかったとすれば、ワンボックスカーの運転手の過失だったと言えます。

乗用車の運転手は驚いたのではないでしょうか。

いきなりバイクが倒れて人が目の前に倒れてきたのでしょうから…。

▶4月24日追記

 

萩原さんの前方で車線変更したワンボックスカーは、警視庁高井戸署の男性警部補(55歳)が運転する護送車だったことがわかりました。また、護送車には接触した傷があったそうです。男性警部補が車線変更する際に、十分に後方確認をしたか等、過失運転致死容疑で調べているそうです。

もしこの警部補の確認ミスなら、親族の皆さんもやりきれないですね…。

 

萩原流行、ひき逃げ容疑で書類送検されていた

萩原流行さんは、昨年10月、乗用車を運転中に歩行者と接触して走り去ったとして、過失傷害の疑いで先月、書類送検されています。

当時の萩原さんは、事故を起こした認識もないし、逃げたつもりもなかったそう。

…事故を起こした認識がなければ、確かに逃げたという表現は当てはまりませんね。

しかし、車には衝突の跡もあり、防犯カメラにも映っていたそうです。

衝突された歩行者の方は、不幸中の幸いか、約2週間のけがで済んだそうですが…。

 

萩原流行、夫婦でうつだった…

萩原さんは、夫婦でうつ病だったそうです。

うつ病は、決して感染するようなものではありません

ただ、萩原さん夫婦は、まず奥さんがうつ病になり、その後萩原さんがうつ病になったため、まるで感染したように見えますが、実際に感染することはありません。

うつ病は、完治することができる病気ですが、萩原さんのように、仕事をセーブしただけでは完治は難しいと思います。

本当ならば、仕事を休職して、ゆったりと投薬治療することで回復に向かうのですが、萩原さんは芸能人という特殊な職業だったため、100%休むことが出来なかったのだと考えられます。

 

スポンサードリンク

萩原流行、ここ2年で4回の事故

やはりうつ病になると、普段ならなんともない作業ができなくなることもあります。

実際、萩原さんは、今まで難なくこなしていた俳優業も、セリフが入ってこなかったり、撮影を中止したりと、仕事にかなり支障もあったようです。

うつ病は、慢性化すると言うよりは、治っても再発することが多く、その再発率は50%にのぼります。

萩原さんも、もしかしたら何度も完治と再発を繰り返していたのかもしれません。

また、萩原さんは躁うつ病と診断されたこともあるそうなので、事故を起こした時は、もしかしたら躁うつ状態(無駄にエネルギッシュで間違いを起こしたりもする)だったのかもしれません。

 

うつ病になったら運転してはいけない?!

萩原さんだけではなく、うつ病の患者さんは、できるだけ運転は控えた方がいいと思います。

その理由は、投薬をされている、集中力が低下しているから。

うつ病ですと、集中力が低下しているうえ、薬も飲んでいるので、頭がぼーっとしてしまったり、眠気が出たりします。

最近では、改正道路交通法が施行され、以下の人は免許の取り消し等、対象になることがあります。

  1. 統合失調症(運転に必要な能力をかく場合)
  2. てんかん(発作が再発する恐れがないものなどは除く)
  3. 再発性の失神
  4. 無自覚の低血糖症(血糖を調節することが出来る人は除く)
  5. 躁うつ病またはうつ病(運転に必要な能力をかく場合)
  6. 重度の眠気の症状を呈する睡眠障害
  7. その他、運転に必要な能力をかく場合
  8. 認知症
  9. アルコール・大麻・麻薬・あへん、または覚せい剤の中毒

簡単に書くとこんな感じです。

躁うつ病、うつ病も入っているんです。

▶4月24日追記

 

奥さんのお話では、確かにうつ病ではあったけれど、今回の運転前は薬を飲んでいなかったそうです。

 

萩原さんは躁うつ病と診断されたこともありましたし、運転を控えていれば、4度も事故を起こしすこともなかったのではと思います。

 

まとめ

萩原流行さんバイク事故で死亡

萩原さんはここ2年で4回の事故

うつ病の場合は、なるべく運転しない、運転する場合は十分に注意する

改正道路交通法により、うつ病などの患者で運転能力に欠けると判断されると、免許の停止等を受ける場合も

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP