「花咲舞がだまってない」が15年夏に帰ってくる!日テレの視聴率獲得のため?

hanasakimai

「花咲舞が黙ってない」が、帰ってきます!

 

ドラマをあまり見ない筆者ですが、前回の「花咲舞」は全話見ました。

とても面白くて痛快、後味の良いドラマでした。

 

そんな「花咲舞」が、2015年7月からまたドラマで帰ってきます。

 

スポンサードリンク

 

「花咲舞が黙ってない」とは?

女性版「半沢直樹」とも称される「花咲舞がだまってない」。

 

東京第一銀行に勤める「花咲舞」(杏さん)が、臨店班に抜擢され、他の人は見て見ぬ振りするような横暴や不正やトラブルを解決していくという、痛快ドラマです。

 

花咲舞とコンビで臨店班になったのは、相馬 健(上川隆也さん)で、もともとは舞の上司でした。

 

舞のお決まりのセリフは、「お言葉を返すようですが」。

 

前作では、パワハラをする支店長を懲らしめたり、金融庁検査の裏の裏をかいたりと、とても面白いものでしたが、次はいったいどうなるのでしょう?

 

舞が出ない原作も使用

 

続編と言うことで、大きなキャストの変更はないらしく、生瀬勝久さん達も引き続き出演するようです。

 

更に、今までのお話は、小説「不祥事」のものでしたが、7月から放送されるドラマには、作者の池井戸潤さんの違う小説、「銀行狐」などの短編小説も加わるそうです。

 

舞が出ていない小説で、舞がどんなふうに活躍するのかが気になります。

 

前作の視聴率は?

 

前作の視聴率は、最高が最終回の18.3%、最低でも13.8%。

平均視聴率は16%、昨年の民放連続ドラマ3位という輝かしい実績を持つドラマです。

 

ちなみに、昨年の1位はドクターX、2位はHERO、4位はきょうは会社休みます。で、花咲舞はかなりの人気があったことがうかがえます。

 

他のテレビ局に勝てるのか?

 

日本テレビの昨年の平均視聴率は9.2%。

これはフジテレビの10.13%やテレビ朝日の10.77%に負けています。

 

前回の視聴率が良かったことから、日本テレビはこれで少しでも他のテレビ局に追いつこうとしているのかな?という感じがします。

 

やはり、目玉のドラマがあって、シリーズ化されれば、安定した視聴率が稼げますからね。

(ドクターXとか、相棒とか)

 

いずれにしても、夏からの花咲舞がだまってないが、待ち遠しくてたまりません。

また舞がスッとさせてくれることを祈っています。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP