7/21放送「林修の今でしょ!講座」常識を覆すダイエットの新説とは?

そろそろ梅雨明けが近づき、水着や薄着になる季節。

テレビでもダイエット特集が多く組まれますが、今回は、7/21放送の「林修の今でしょ!講座」より、

これまでの常識を覆すダイエットの新説

を、備忘録代わりに記しておきます。

スポンサードリンク

常識を覆すダイエットの新説

waist_man_fat

巷に溢れているダイエット方法のうち、最新の研究で、間違っている場合があることがわかりました。

 

糖質制限ダイエット(炭水化物抜きダイエット)の間違い

糖質制限ダイエットを行っている人で、間違った方法を実行していると、見た目は細くなっているけど、実は脂肪は減っていないということがあるそうです。

▶関連記事はコチラ

そんな人は、体重が落ちているからと喜んでいるかもしれませんが、実は落ちているのは筋肉なのだそうです。

同じ太さの太ももでも、間違った糖質制限ダイエットをしている人の太ももは、一般の人よりも筋肉が少なく、脂肪が多くなっているのだそうです。

 

その間違っている方法とは…

糖質を抜いただけ

というもの。

 

本当の糖質制限ダイエットとは、炭水化物や糖質を抜いた分、肉や魚・油分などを摂取して補うというもの

食べたら太ると思い込んでいる場合、炭水化物を抜き、肉や魚などを取り入れず、極端に食べないダイエットをする人もいます。

しかし、それでは筋肉が痩せてしまうばかりで、脂肪は減りません。

 

また、そのせいで筋肉が減ってしまえば、大病を患った時に、生還率も下がってしまうそうです。

間違った糖質制限ダイエットをしている人は、ぜひ改めてください。

 

痩せやすい体質にするには?

これまで、遺伝や体質で太っていると諦めていた人でも、内臓脂肪を落とせば、最強のホルモンが出て、痩せ体質になれるそうです。

そのホルモンの名前は、アディポネクチン

このホルモンは、内臓脂肪が減れば分泌量が増えるのだそう。

そうすると、このホルモンは脂肪の燃焼を助けてくれるので、どんどん痩せやすい体になっていくそうなのです!

 

内臓脂肪は、たまりやすく、燃えやすく、減らしやすいそうなのです。

私も、皮下脂肪の方が減らしやすいと思っていたので、これには驚きでした。

 

内臓脂肪は、正しいやり方を続けると、4~5日程度て効果が表れてくるそうです。

 

その医学的に正しいやり方とは?

 

医学的に正しい内臓脂肪の燃やし方

名医がやっている、正しい内臓脂肪の落とし方は、以下の通りです。

1・内臓脂肪を燃やす着火剤ジュースを朝飲む

ninjin_carrot

脂肪を燃えやすくする朝食、それは「着火剤ジュース」なのだそうです。

ジュースの作り方は、

  • 人参 4本
  • リンゴ 1/2個
  • レモン1個

をジューサーにかけます。

(この材料は3人前)

出来たジュース1人前に、亜麻仁油を小さじ1杯程度加えて出来上がりです。

 

亜麻仁油(オメガ3系脂肪酸)を摂取する理由は、

簡単な運動でも脂肪を燃えやすくする作用

が期待できるそうなのです。

オメガ3脂肪酸が中性脂肪を抑え、分解酵素を活性化させることができるという最新の研究報告があるそうです。

 

亜麻仁油の他にも、エゴマ油、シソ油でも大丈夫のようです。

(亜麻仁油をおススメするのは、野菜ジュースの風味に合うからだそうです)

 

また、野菜ジュースと一緒に亜麻仁油をとるのは、脂肪を燃やすにはビタミンが必要だからなのだそう。

 

ジューサーがない人や、作るのが面倒な人は、市販の野菜ジュースに亜麻仁油を入れて飲んでも大丈夫です。

朝食に生野菜を食べる人は、ドレッシングのように亜麻仁油をかけて食べてもOK。

多くても1日小さじ2杯までにとどめておくのがポイントです。

 

有酸素運動は「30分以上やらないとダメ!」ではない

最新の研究では、ちょっとでも運動すれば脂肪が燃えると言うことがわかったそうです。

これまでは、「30分以上運動しないと脂肪が燃えない」と言われていました。

しかし、実はたった5分でも有酸素運動をすれば、脂肪は必ず燃えるのだそうです。

たとえ2~3分歩いただけでも、脂肪は燃えているそう。

勿論、長時間やるに越したことはありませんが、ちょっとだけ運動したものが無駄だと言うことはないそうです。

一駅分歩く、というのも、しっかり脂肪を燃やしているんですね~(*’ω’*)

 

2・効率の良い「足上げ運動」

body_foot_side

椅子に浅く腰掛け、背中を背もたれにあてて、足を上げて足首を上下に動かすだけで、医学的に効率の良い運動になるそうです。

両足が無理な人は片足ずつでも大丈夫。

楽な姿勢で、毎日、継続することが大切なのだそう。

人間の体の筋肉は、7割が下半身に集中しているので、下半身を鍛えることで、効率よく脂肪を燃焼させることができるのだそうです。

テレビを見ている時や、携帯をいじっている時などにもできます。

私もちょっとやってみようと思います( *´艸`)

 

3・太りにくい炭水化物の食べ方

これは以前紹介した、5/14放送「得する人損する人」のダイエット方法まとめにも書いてありますが、

炭水化物を冷やして食べる

と言うもの。

 

スポンサードリンク

 

番組では、名医が、おにぎりを冷蔵庫で冷やして食べていました。

うどんやスパゲッティを食べる際にも、冷たい方がいいそうです。

それはなぜかと言うと、「レジスタント・スターチ」がたくさん含まれているから。

これは「消化されにくいでんぶん」という意味で、あまり消化されないため、血糖値が上がりにくくなり、インスリンの分泌が減り、でんぷん(糖)を脂肪に変化させにくくなるのだそうです。

つまり、冷した炭水化物を食べることは、脂肪を増やしにくくすると言うことが言えるのです。

 

糖質制限ダイエットが辛い人は、冷たい炭水化物を食べるダイエットに切り替えると、長続きするかと思います。

特にこれからの季節は冷たいうどんや、冷し中華なんかいいですね(∩´∀`)∩

常温でも大丈夫なのだそうです。ただし、温めなおしてはいけません!レジスタント・スターチが減ってしまうのだそうです。

 

4・お風呂に入る=ダイエットに最適

体重60㎏の人が、湯船に30分つかると、12分間ジョギングしたのと同じカロリーを消費するそうです。

距離にするとおよそ2㎞分。

これならお風呂につかる方がいいですよね。

私も烏の行水はやめて、しっかり湯船につかりたいと思います。

 

そして、お風呂に入る前には、コーヒーを飲むと一層良いそうです。

 

更に、お風呂には、グレープフルーツの皮を入れると良いそうなのです。

fruit_grapefruit2

グレープフルーツの香り成分が、脂肪燃焼を高める可能性があると言われているそうなのです。

そういえば、昔、聞いたことがあります。

グレープフルーツの皮をそばに置いてもいいし、香りのエッセンスをお風呂に垂らしてもいいそうです。

 

コーヒーも、グレープフルーツの香り成分も、交感神経を高めて、脂肪の燃焼を助ける可能性があるそうなのです。

これなら誰にでもできそうですね。

コーヒーは飲んでいるので、グレープフルーツの香りをどうやって取り入れるかが問題ですね。

毎日グレープフルーツ買うのは大変かも(笑)

香りのエッセンスを取り入れる方が、現実的かもしれません。

 

まとめ

内臓脂肪を落とすには、

  1. 朝、着火剤ジュースを飲む
  2. 効率の良い足上げ運動をする
  3. 炭水化物は冷やして食べる
  4. お風呂の前にコーヒーを飲み、お風呂にはグレープフルーツの香りを取り入れる

これを実践すると、4~5日で効果が表れるそうです

出来ることから始めたいと思います(*´Д`)

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP