引っ越したら印鑑証明はどうなる?印鑑証明豆知識

つい先日、夫の車がとうとうお亡くなりになって、新古車を購入する運びとなりました。(痛い出費です…)

さすがに15年も乗れば壊れるものですね。

そしてその時夫が

「車の名義変更に印鑑証明がいるんじゃないの?俺って印鑑証明持ってたっけ?」

とのたまいましたので、ちょっと調べたことをまとめてみます。

スポンサードリンク

そもそも印鑑証明とは?

hanko_natsuin

印鑑証明とは、俗に言う「実印」のことです。

印鑑証明と言うのは、市町村役場にて「印鑑登録」し、その印鑑が本物(間違いなく登録した人の印鑑である)という証明のことです。

 

▶印鑑登録の仕方はコチラ

▶印鑑証明の取り方はコチラ

 

印鑑証明が必要なケースは以下の通りです。

(必ずしも必要なわけではありません)

  • 不動産の売買
  • 家やマンションの売買
  • 賃貸住宅の入居
  • 自動車の売買や廃車手続き
  • 遺産相続
  • 公正証書作成時
  • 何らかの契約時

などがあげられます。

 

今回の夫の自動車はローンで購入(突然のことだったので)しましたが、印鑑証明は必要ありませんでした。

車の所有者を変更する際にも必要ないと言われましたので一安心です。(これは販売店によって違うかもしれません)

 

しかし、夫は気になりだしたら止まらないらしく…

「俺、印鑑証明とってた気がするんだけど、覚えてない」

と言い始めたので、仕方なく市役所に向かうことにしました。

 

引っ越ししたら印鑑証明はどうなる?

実は2年前に引っ越しをしています。

もしも夫が印鑑証明を作っていたとしたら、以前住んでいた場所になるのですが、

「きっと役所同士のネットワークで分かるだろう」

と楽観的な夫とともに現在住んでいる所の市役所に行きました。

 

私達の住んでいる所の市役所では、「印鑑登録・証明」の担当は「戸籍課」でした。

戸籍課の担当の方に事情を説明すると、すぐさま回答が!

 

スポンサードリンク

 

「転居されたら、印鑑登録は削除されますよ~」

 

What?!何ですと~!!

 

引っ越しをしたら、元居た場所で作った印鑑登録は廃止されるのだそうです。

一度転居して、また戻ってきても、印鑑登録は消えているので、もう一度登録し直さなくてはならないとのこと。

知りませんでした…。

一度作ったら一生使えるものだと思っていましたが、引っ越しすると使えなくなってしまうのです。

 

一応、現在住んでいる所の市役所で、夫が印鑑登録しているがも調べてもらいました。

その場合は、免許証などの身分証明書(免許証がベストです)を渡せば調べてもらえます。

 

「登録されてませんね~」

 

…取り越し苦労だったようです(笑)

 

「今から登録もできますよ~、15分くらいで」

とは言われましたが、今回は必要ないので断って、市役所を後にしました。

 

結局、引っ越した時点で、例え印鑑登録していたとしても、消えてしまうので、余計な心配だったようです(笑)

 

印鑑登録時にもらえるカードも、引っ越した場合は廃棄して構わないそうです。

(転居した時点で印鑑登録は消えるので、万が一拾われても悪用はできませんし)

心配な方は役所に返却することもできるみたいです。詳しくはお住まいの役所へ聞いてみて下さい。

 

ただ、もし引っ越しをしない場合には、一度印鑑登録しておけば、一生使うことが出来ますので、印鑑登録証(カードのようなもの)や、印鑑証明は大切に保管してください。

私の夫のように、「どうしたっけ?」とならない様にきちんと保管しておきましょう(笑)

 

また、引っ越し先が、同じ市内・町内などの場合は、印鑑登録しなおす必要はありません。

転居届を出せば、役所内で自動的に住所を書き換えてくれるようです。

 

いずれにしても、大きな取引や売買の際には必要になるものですから、印鑑登録をした場合は、登録証を無くさない様に気を付けましょう(*’ω’*)

 

まとめ

印鑑登録は、引っ越ししたら使えなくなる

旧住所の印鑑登録は、転居とともに廃止される

新住所で印鑑登録し直す必要アリ

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP