小学校、初めての家庭訪問…どうする?どうなった?

こんにちは、主婦のMANAです。

子供が小学校に上がってすぐ、参観日、家庭訪問、遠足とイベントが目白押しで、ちょっと戸惑っています。

しかし、お母さん方が一番頭を悩ませるのは、家庭訪問ではないでしょうか。

実際私もものすごく悩みました。

そして昨日、無事に家庭訪問を終えました。

私がしたこと、しなかったことをまとめました。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

初めての家庭訪問

家庭訪問

小学校に上がってすぐ、お母さんが頭を悩ませるのは「家庭訪問」ではないでしょうか。

私も初めてのことで、とても悩んでネットサーフィンしまくりました(笑)。

 

まず初めに疑問に思ったのは、

お茶を出すか出さないか

ということ。

 

これは地域によるのですが、「家庭訪問のお知らせ」のプリントに、

「お茶菓子などの接待不要」や「お茶出し等は不要です」

など、きちんと書いてある学校もあるのだとか。

正直ウラヤマシイ…((+_+))

 

私たちが住んでいるのは田舎のため、そういった記載は一切なく、

「出さないといけないのか」「出さなくてもいいのか」

という葛藤が生まれました(笑)。

 

結論から言うと…。

 

私は出しませんでした。

 

言い訳じみていますが、理由もあります。

 

お茶を出さなかった理由

お茶

まず、第一に、うちの家庭訪問の順番が、7軒目だったこと。

 

もしもこれまで行ったお宅全ててお茶が出されており、先生がそれを飲んでいたとすると、一口ずつでも結構な量になります。

まして子供の担任の先生は女性。そんなに大量には飲まないと思います。

 

第二に、天気が良くなかったこと。

 

家庭訪問の時期は、地域や小学校によってまちまちなのだそうです。

うちのように、4月のところもあれば、5月だったり7月だったり。

最近は4月でも暑いですが、家庭訪問の日は雨予報の曇りだったので、いつもよりかなり涼しく、暑いということはありませんでした。

 

これが7月で、先生も汗だくだくなら、冷たいお茶を出したら喜ばれるかもしれませんが…。

 

スポンサードリンク

 

第三に、先生のトイレ事情を考えて。

 

家庭訪問に行った先々で、お茶を頂いたと仮定します。

そうすると、もちろんトイレに行きたくなってしまいます。

とは言え、生徒の家でトイレを借りるのは、先生も気が引けるはず。

さらに、決められた軒数を回らなくてはなりませんので、トイレに行っている時間は惜しいのではないかと思います。

 

第四に、家庭訪問の時間が勿体ないこと。

 

家庭訪問では、1軒にかける時間は決められています。

うちの場合ですと、1人15分区切りでしたが、話が少々長引いた場合や、移動時間も含めると、10分あるかないかだと思います。

1軒終えて、メモをして、次の家の確認、移動…。

結構分刻みのスケジュールです。

まして、前後が詰まっていれば尚更です。

実際、うちの場合も10分程度で終わりました。

なので、お茶を用意して勧める時間があるならば、話をした方が良いと思います。

とは言え、1軒に30分かける、という場合であれば、話は別かもしれませんが。

 

そして最後に、うちには客間がなく、リビングに通すことができないこと。

 

うちは古い住宅住まい(アパートです)なので、客間や床の間と言ったものはありません。

1軒家であれば、応接室のようなお部屋もあると思いますが、うちにはそれはなく。

リビングにお通しする、という家もあるとは思いますが、とても人様に見せられるような部屋ではありません。

(掃除も片付けも苦手なので…)

ですので、話すのは玄関にしようと決めていました

そして、1軒家でしたら、玄関の段差等に腰を掛けることもできるのでしょうが、うちは数センチしか段差がありません。

ここに座ってください、なんてとてもじゃないけど言えません(苦笑)。

一応、傍らに椅子は用意しましたが、結局使うことはありませんでした。

玄関で立ち話なのに、お茶を出すのはちょっと…と思ったので、出しませんでした。

 

最後の理由は、こちらのわがままではありますが、あまりみすぼらしい室内を見せるのは気が引けてしまって。

ですが、子供の部屋は掃除しました

もしかした、「お子さんの部屋を見せて下さい」と言われるかも?と思っていたので。

それも杞憂に終わりましたが。

 

また、地域によってはお茶菓子もお出しして、手土産を持たせる地域もあるのだとか。

…うちだけ何もなかった、と思われてたりして…と不安になりますが、先生は公務員なので、手土産は本当はいけないのだそう。

賄賂になってしまう場合もあるのだとか。なので、私も悩みましたが、何も出さない・渡さないことにしました。

どうしても気になる方は。周りのお母さん方に聞いてみるといいと思います。

かなり地域性が出てくると思うので…。

とはいえ、手土産を貰った・貰わないで贔屓とかがあってはならないので、そこまで心配することはないと思います。

 

家庭訪問前にしたこと

掃除道具

私は、玄関でお話ししようと思っていたので、とにかく玄関を綺麗にしました

子供の自転車も置いてあって狭いので、極力広く見えるように整理整頓。

結果的には、思ったよりも広くなった気がします。

 

あとは、先ほども書きましたが、子供部屋の掃除

家庭訪問のお知らせのプリントには、そういった記載はなかったのですが、万が一、ということで、子供の部屋だけは綺麗にしました。

もしも、「上がらせてください」と言われたら、子供部屋にお通ししようとも考えていました。

リビングやキッチンを見られるよりは、はるかにダメージが少ないので(*´ω`)

 

スポンサードリンク

 

家庭訪問はどうだったのか?

家庭訪問は、学校の方針や先生によってかなり変わってくるとは思いますが、参考までに。

 

うちの場合は、決められた時間の1分後くらいに玄関のチャイムがなりました。

「こんにちは、お世話になります」

という挨拶から。

先生をとりあえず玄関に招き入れ、

「玄関ですみません」

と、先に断りを入れました。(先手必勝?的な)

 

先生には、家の中での子供のことを聞かれるのかと思っていましたが、思っていたのとは逆でした。

子供が学校でどんな様子かを話して頂き、しっかりされてますよ、とお褒めの言葉を頂きました。

 

10分程度話をした後、先生が「ではこの辺で…」とおっしゃられたので、

「何のお構いもしませんで…。お世話になりました」

と頭を下げました。

 

先生の方も頭を下げられて、「失礼しました」と帰って行かれました。

 

玄関のドアを閉めた瞬間、「あ~、終わった~」とほっとしました。

やはり初めての家庭訪問ですし、緊張していました。

 

終わると、「これでまたひとつ乗り越えた!」という達成感でいっぱいになります(笑)。

 

終わりに

家庭訪問とはいえ、人が来るのだから、もてなすのは人として、大人として当然!

そう思っていらっしゃる方も多いと思います。

私もかなり悩みました。

誰か来る=お茶を出す

のは当たり前のことですし、私も普通に知り合いが来たらそうします。

 

なので、今回の私の行動を、「大人としてアリエナイ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私の場合は、家庭訪問の順番や、お話をする場所など、先生には伝わっていないかもしれませんが、色々考慮・配慮した結果なので、後悔はしていません

 

おうちの状況や、家庭訪問の順番、時間、学校や先生の方針等、色々考えて、家庭訪問の日を迎えたら、それでいいのではないかと思います。

事情はそれぞれ違いますしね。

 

どうしても家に来てほしくない場合は、後日親が学校に出向いて面談する、という方法もあるそうなので、あんまり考えすぎず、少し肩の力を抜くといいと思います。

 

やはり、よそはよそ、うちはうち!が一番精神的にも良いのかな、と、家庭訪問が終わってから思っています。

皆様も無事に、家庭訪問が終わりますように。

 

まとめ

私のところでは家庭訪問は立ち話で10分程度

お茶やお茶菓子は出さなかった

学校の方針や他のお母さん方に合わせるのも一つの手

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP