頭を動かすとめまいがする…良性発作性頭位めまい症の治し方

特に女性にはなじみ深い症状のひとつ

めまい

貧血だったり、メニエール病だったりと、原因は様々ですが、今回は私も、私の母もなった

良性発作性頭位めまい症

の治し方について解説していきます。

スポンサードリンク

頭を振ると目が回る症状

sick_memai

私がこの「めまい」に見舞われたのは、妊娠中でした。

頭を振ると回転性のめまいが襲ってきます。

それもいきなりでした。

それまで、こんなに激しいめまいに襲われたことのなかった私は、

「もしかしてメニエール病になった?!」

と思い、メニエール病と診断されたことのある夫に聞いてみました。

しかし、どうも違う気がする…。

そこでインターネットで調べてみたところ、

「良性発作性頭位めまい症」

という項目を見つけました。

 

これは、耳の中の「耳石」の一部が剥がれたために起こるめまいで、耳石はそのうち消えてなくなってしまうので、時間とともに治る症状だとわかりました。

(本当は病院に行った方がいいのですが…苦笑)

しかし、気の短い私は、一か月もめまいがあるなんて耐えられない!なんとか今すぐ治したい!

と思い、更に調べていくと、

エプリー法

という体操(?)を見つけました。

 

エプリー法とは

Epley-E6-B3-95-250x300

画像引用元:WEB脳神経外科

エプリー法は、耳鼻科でも教わると言われている体操(?)のことです。

体操と言っても、頭を動かすだけですが…。

 

良性発作性頭位めまい症と診断されると、この体操をしなさいと言われることもあるそうです。

私の母もその体操をするようにと、体操のやり方の書いてある紙を貰っていました。

ただ、私の母はあまりの気持ち悪さに最後までできず、自然治癒するのを待っていました。

中には母のように、この体操の途中で気持ち悪くなって、最後までできない人もいたり、最後までやっても治らないこともあります。

 

必ず治る体操ではありませんので、もしもこの体操をやって治らなければ、耳鼻科に行かれることをお勧めします。

 

私は過去に何度か良性発作性頭位めまい症になり、エプリー法で治りましたが…。

 

そのやり方は…

(以下、自己責任でお願いいたします)

まず、どちらの耳に異常があるかを調べます。

ソファーなどの端を肩にあてる感じで横になります。

ソファーの端から頭がはみ出るようにします。

(頭は肩よりも下がる感じ)

布団に横になって、肩の下に枕を入れてもいいです。

その状態でもめまいが起きると思いますが、そのままで、右、左を向いてみて下さい。

すると、片方は平気だけど、もう片方はものすごくめまいが起きる、ということが起こります。

この「すごくめまいが起きる」方の耳が、異常がある耳と言うことになります。

 

スポンサードリンク

 

原因のある方の耳がわかったら、エプリー法を実践していきます。

私がめまいが起きた時に必ず見る動画のURLを貼っておきます。

右耳に異常がある場合

左耳に異常がある場合

↑それぞれYouTubeに飛びます。

 

スマホを片手に、この動画を観ながらやると、とても分かりやすいです。

 

ただし…

あくまでも、

良性発作性頭位めまい症

だった場合の対処法なので、他のめまい症だった場合は、効果は一切ありません。

 

人によっては、これによってさらに気分が悪くなることもあるかもしれませんので、あくまでも自己責任でお願いします。

 

1回では良くならなくても、2回やればよくなることもあります。

2回やってみて治らなかったら、耳鼻科へ行くことをお勧めします。

(ほとんどの方が2回やれば、めまいが治まるそうです)

ですが、まれに、何度やってもダメな方もいらっしゃいますので、悲観せずにお医者様に診てもらってください。

 

基本的に、良性発作性頭位めまい症だった場合は、積極的に頭を動かしなさい、と言われると思います。

1か月もあれば、めまいはなくなると思います。

私の母は、エプリー法が出来ず、2週間くらいでだいぶ良くなったみたいです。

 

「良性」と名前につくくらいですから、悲観せず、

「そのうち治るさ」

と気軽に構えておくのが一番いいかと思います(*’ω’*)

 

まとめ

良性発作性頭位めまい症は、耳石によっておこる回転性めまい

じっとしていればおさまり、めまいもない

エプリー法を試せば、大半の方は治りますが、自己責任で☆

普通に生活していれば治るめまい

心配な方は耳鼻科へ

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP