12/5放送「世界一受けたい授業」最新ノロウイルス対策!

12/5放送の「世界一受けたい授業」にて、

今年の冬も猛威を振るうであろう、

ノロウイルス」対策について放送していました。

娘を保育園に通わせている私にとっては、他人ごとではありません。

番組の内容を、備忘録代わりに書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ノロウイルスとは

virus_outo

ノロウイルスに感染すると、嘔吐や下痢、腹痛などを引き起こします。

ノロウイルスに対しては有効な薬などはなく、

ただひたすらウイルスが体から出ていき、症状が治まるのを待つしかありません

番組内では、お笑い芸人のノッチさんが、ノロウイルスに感染した時の話をされていました。

ノッチさんは、下痢・嘔吐・腹痛に2日間苦しめられたそう。

 

ノロウイルスは、11月ごろから増え始め、12月がピーク、1月も患者数が多いと言われています。

これからのシーズン、増えるであろうノロウイルスへの対処について書いていきます。

 

ノロウイルスの感染経路と対策

感染経路は、3つ。

まずひとつめは、物に触れての感染

kinshi_touch

ノロウイルスに感染している人が触った物に触れてしまって感染するというものです。

 

番組内では、とある家族に協力してもらって、実験していました。

お父さんが保菌者と言う設定で実験すると、お父さんが触ったところはもちろん、お子さんの手や顔などにもウイルスが付着してしまうことがわかりました。

お母さんは水仕事が多かったせいか、手にウイルスはついていませんでした。

特に、小さなお子さんなどは、無意識に顔を触ることが多いため、感染しやすいようです。

 

対策としては、トイレの後や、食べたり飲んだりする前に、こまめに石鹸で手を洗うといいそうです。

石鹸では消毒はできませんが、水で良く洗い流すことが大切だそうで、

石鹸の泡が流れ落ちるくらいが、ウイルスが流れ落ちる目安になるのだそうです。

石鹸をあまり使わない人も、冬の間はノロウイルス対策で、石鹸を使うとわかりやすいかもしれません。

ただし、洗い過ぎには注意が必要です。

洗い過ぎて手が荒れてしまうと、ウイルスが荒れたところに入り込んで、流れにくくなってしまいます。

いつもと同じように、普通に洗っただけで大丈夫なようです。

 

また、この季節は特にトイレが危険なのだそう。

感染した人がトイレを使用し、あまり手を洗わなかった場合、

トイレのドアノブなどにウイルスが付着している可能性があり、

折角トイレで綺麗に手を洗っても、ドアノブでウイルスが付着してしまうことも。

そこで、なるべくドアなどを手で触れないように、体で押したり、

ポケットティッシュなどを使ってドアを開けると、ウイルスの付着が防げるそうです。

 

自分が触る場所に、ウイルスが付いているかも!と意識しておくことが大切なのだそうです。

 

スポンサードリンク

 

ふたつ目の感染経路は、吸い込みによる感染です。

 

これも、最も危険なのはトイレの中なのです。

ノロウイルスに感染した人が使用した後、水を流すと、

目に見えない水滴がウイルスとともに空中に舞うそうなのです。

それを吸い込んでしまうと、感染してしまいます。

 

そこで予防に使うのは、マスクです。

mask_smile_woman

インフルエンザ予防も含めて、マスクをすることがとても有効なのだそうです。

また、洋式のトイレの場合、蓋をしてから水を流すことで、

水滴とウイルスをまき散らすことを防ぐことができます。

 

他にも、家族などが嘔吐してしまったあと、十分に処理できていないと、

埃などとともにウイルスが空気中に舞ってしまい、吸い込み感染する危険性があります。

そこで、番組内でやっていたおすすめの処理方法をご紹介します。

 

嘔吐物の処理方法

嘔吐物を処理する場合は、使い捨ての手袋をはめて行います。

吸い込み感染を防ぐため、マスクをします。

ペーパータオルを使い、嘔吐物を集めるようにふき取り、ポリ袋に入れます。

この時、床を更に拭き掃除してはいけません

消毒をしてからでないと、ウイルスをまき散らすことになるのだそうです。

 

ペーパータオルでふき取った後は、汚染箇所に新聞紙をひきます。

次に、500mlのペットボトルの中に、塩素系漂白剤をキャップに2杯分入れ、水を足せば、消毒液ができます

(水は500ミリリットル程度になるくらい、適当に入れてOKです)

先ほど敷いた新聞紙に、作った消毒液をトクトクとかけて染み込ませ、15分以上置きます

その後、新聞紙をとってふき取ります

手袋をポリ袋に捨てて、最後にしっかり手を洗えば完了です。

 

3つ目の感染経路は、食品からの感染です。

ノロウイルスに汚染されたカキなどの2枚貝を食べたことによる食中毒の他、

ノロウイルスに感染した人が食事を作ったりすると、それを食べた人が感染してしまいます。

とにかく、家庭でも、こまめに手を洗うことが大切だそうです。

 

ノロウイルスに感染したら

ノロウイルスに感染した時、とても重要なことは、経口補水液を摂取することだそうです。

身体への吸収が早いので、脱水状態になるのを防げるそう。

自宅でも簡単に作れるそうです。

 

自家製経口補水液のレシピ

  • 水1リットル
  • 塩3グラム
  • 砂糖40グラム

この3つを混ぜるだけで大丈夫です。

 

市販のスポーツドリンクでもいいのですが、冷たいものをそのまま飲むのではなく、

お湯で半分くらいに割って、ゆっくり飲むといいそうです。

 

これで、予防も、万が一ノロウイルスに感染しても大丈夫!

しっかり予防していきたいと思います。

 

まとめ

ノロウイルス予防には、こまめな手洗いとマスクが大事!

嘔吐物はきちんと処理しないと感染が広がってしまう

感染したら経口補水液を摂取しよう

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP