片岡愛之助と熊切あさ美の愛犬…破局で「犬の親権」はどちらが持つのか

片岡愛之助さんと熊切あさ美さんの破局報道後、今のところ進展はありません。

しかし、愛之助さんの気持ちが既にないことから、おそらくお二人は別れることになると思います。

そこで問題になるのが、お二人が一緒に可愛がっていた愛犬の存在です。

別れるとき、離婚する時、ペットの「親権」は一体どうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

ペットは「物」ではないけれど

pet_dog_boy

最近は、「ペットは家族」という意識が定着してきました。

どこかへ出かけるのも一緒だったり、誕生日やお迎えした日を、ペット用ケーキでお祝いしたり、お洋服を着せたり…。

旅行に連れていく人も結構います。

(そういう宿泊プランもあるほどです)

私たちにとっては、名前も付けて、お世話もして、大切な家族の一員なのですが、法律ではペットは「家族」とは認めてくれません。

 

民法におけるペットの定義は、「物」なのです。

 

これには反論多数とは思いますが、昔に作られた法律ですので、致し方ありません。

もしかしたら、将来、変更になるかもしれませんが、今現在、ペットは「物」として扱われています。

 

別れるときのペットの「所有者」は?

民法上、ペットは物として扱われていますから、実は「親権」は存在しません。

ペットの場合は、「所有者」が誰なのかで、ペットを連れていける人が決まってしまいます。

 

カップルや夫婦などで、ペットを飼っていた場合、どちらがペットを連れていくのかで揉めて、弁護士さんに相談するというケースもあるそうなのですが、今のところ、子供の親権のように、「誰が世話をしていたか」は関係ありません。

 

ペットショップなどで購入したペットの場合、その購入代金を払った人に、ペットの所有権が認められるそうです。

 

スポンサードリンク

 

つまり、万が一別れても、ペットだけは連れていきたいと思うなら、ペットを買うお金は自分で出しておかなくてはいけません

 

どれだけお世話をして、どれだけ可愛がっても、民法上、ペットは物ですし、ペットに「どちらと一緒に居たいか」と聞くこともできませんので、やはりお金を払った方が強いのです。

 

海外ではどうなのか?

日本では所有者を争う「ペット」ですが、海外ではどうなのでしょうか?

 

実はアメリカでは、ペットの「共同親権」を取り決めて別れると言うこともあるそうなのです。

つまり、アメリカでは、日本よりもペットに対する法律自体が進んでいるものと考えられます。

共同親権、というとちゃんと家族として扱っているように思えます。

日本も近い将来、ペットの親権や、共同親権などをきちんと議論する日が来るのかもしれません。

 

更に、ブラジルでは、婚約者にプレゼントしたペットだけど、別れてしまい、あまりに寂しくて日常生活に支障をきたしてしまった元カップルに、それぞれの家で15日ずつ過ごさせるようにという判決が出たそうです。

▶その詳しい内容はコチラ

なんだか画期的な方法です。

ただ、ペットのストレスは大丈夫なのかな?と心配になります。

他にも、「片方が親権、もう片方が面会権」を得た判決もあるそうで、もう本当に子供と同等の扱いだと思います。

 

きっと、ペットをこよなく愛している方は、日本もこんな風になってほしいと思っているのではないでしょうか?

 

まとめ

日本の現在の民法ではペットは「物」として扱われる

ペットに親権という概念は存在しない

万が一別れてもペットを連れていきたいなら、購入費用は負担するべき

海外ではペットの「親権」が認められている場合も

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

片岡愛之助を反面教師にして学ぶ、かっこいい別れ方とは?

歌舞伎役者は遊び人だと思う3つの理由を考えてみたw

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP