続々・12/13放送「この差ってなんですか?」お札をピン札のようにする技&お餅を下に膨らまないようにする技!

12/13放送の

「この差ってなんですか?」

にて紹介されていたプロの技を、前回に引き続き、

備忘録代わりに書き留めておきます。

今回は、お正月に役に立つ、

「シワシワのお札をピン札のようにする技」

「餅を下に膨らまないようにする技」

です。

スポンサードリンク

シワシワのお札をピン札のようにする技

money_1000

これからの季節、特にお正月を迎えるにあたり、

ピン札の需要が一段と高まってきます。

 

先日、私が行った銀行でも、

「5000円札への両替は、お一人様10枚(5万円)までと

させていただきます」

という張り紙がしてありました。

 

私はお札がピン札だろうと何だろうと、

金額は変わらないので気にはなりませんが、

やはり人にあげる場合は別です。

 

そんな時、もしもシワシワだったり、

折り目が付いたお札しか持っていなかった場合は、

この技が役に立つと思います。

 

おおよその方が想像されているとおり、

アイロンは使います。

使用するのは、アイロンと…

 

大根おろし!!

 

大根おろしを重ねたキッチンぺーパー(2枚)で包み、

しぼり汁でお札の両面を丁寧に濡らしていきます。

その後、シワの部分をアイロンの「低温」(約100度)で

丁寧に伸ばしていきます。

 

そうすると、ピン札のような、

パリッとした綺麗なお札

に生まれ変わるのです!

 

何故ピン札みたいになるの?

実は、お札の印刷用紙には「デンプン」が塗られているのだそう。

お札は強度を付けるため、「糊」のような役割で

デンプンが塗られているのだそう。

 

そのデンプンに大根のしぼり汁を塗ると、

大根に含まれる消化酵素と水分でデンプンがやわらかくなります。

そこにアイロンを当てると、水分が蒸発し、デンプンが変化して

固くなるのだそうです。

 

注意点

この技は、どのお札でもできるのですが、

ひとつだけ注意点があります。

それは、

ホログラムのところにはアイロンをかけない

ということです。

裏面からはかけられるので、きちんとパリッとします。

 

お年玉だけでなく、ご祝儀等、お金が必要だけど、

銀行が開いてない場合には役に立つと思います。

大根ならスーパーに必ず置いてありますし。

必要でなくても一度やってみたい技です(*’ω’*)

 

スポンサードリンク

 

餅を下に膨らまないようにする技

この季節、お餅を焼く機会も増えてきます。

一般的に家庭でお餅を焼くときは、オーブントースターを

利用しませんか?

私もオーブントースターでお餅を焼きます。

でもお餅って、上も下も膨らんじゃって大変なことになった経験、

ありませんか?

特に、目の大きい網で焼いたりすると、

そこに膨らんだ部分がはまり込んでしまって、

取るのにも一苦労したり。

 

でも、この技を使うと、お餅の下の部分が膨らまず、

綺麗に焼けるそうなのです。

 

そのために使うのは、

醤油!!

 

でも、お餅の下につけるのではなく、

お餅の上の部分の真ん中に、醤油を2~3滴垂らすだけ!

 

これだけでお餅が下に膨らまなくなるのです。

それはなぜなのでしょう。

 

餅が下に膨らまなくなる理由

お餅を焼くと、中の空気や水分が膨張して

膨らむのだそう。

けれど、お餅がどこから膨らむかはわかりません。

実際焼いてみると、様々なところが膨らんでくると思います。

 

ですが、お餅の上部分に醤油を垂らすと、

醤油には塩分が含まれるため、その部分が最も高温になり、

醤油の周りが膨らんでくるのだそう。

そのお陰で、下部分は膨らまないのだそうです。

なるほど、これでよくイラストなどにある形の

お餅ができるかもしれません!

syougatsu2_mochi

↑こんな形の(笑)

お正月にはちょっと試してみようと思います!

 

まとめ

お札のシワを伸ばすには大根おろしのしぼり汁とアイロン!

お餅は上部の真ん中に醤油を垂らすと下に膨らまない

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

窓の結露を防ぐ方法&サッシのカビを取る裏技!!

じゃがいも・ニンニク・キウイ・イカ・エビを一瞬で剥く技!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP