WordPressテーマをSTINGER3からPrincipleに変更

このブログは「WordPress」(ワードプレス)を利用して作っています。

WordPressは「テーマ」と呼ばれるテンプレートを利用して、ブログをカッコよく作ります。

今回はその「テーマ」のお話です。

スポンサードリンク

「テーマ」もいろいろありまして

PAK85_Blog

HTMLとかCSSとかわかっている人だと、自作される方もいらっしゃるそうなのですが、私はあんまり理解していないので、他の方が作られた、無料のテーマを使わせていただいています。

 

先日までは「STINGER3」というテーマを使わせていただいておりました。

▶STINGER3公式HPはコチラ

STINGERは、国内の無料テーマでは、利用者がNO.1で、SEO対策にも優れていると言われるテーマです。

しかも、カスタマイズされている人も多く、それを解説しているサイトもたくさんあるので、初心者さんにはお勧めと言われているテーマです。

 

私はこの「STINGER3」というテーマと、「ROOM9」というサイトで紹介されている、「Stinger-minimum」という子テーマを使わせていただいていました。

▶ROOM9HPはコチラ

↑Web制作というタブの、「STINGER子テーマ」というところにあります。

 

しかし、カスタマイズを試みていたものの、自分の能力不足から、思っているものがうまくできずにもやもやしていたところ、

「Principle」

というテーマにたどり着きました。

 

Principleって?

「Principle」は、Nobuo_CREATEさんが作られたWordPress用のテーマです。

▶PrincipleのHPはコチラ

STINGER3と同じくSEO効果が期待できる無料テーマ。

しかも、はじめから「子テーマ」もついて来ると言うことで、早速ダウンロードして使ってみることにしました。

この「Principle」は、まだ解説しているサイトも少ないですが、カスタマイズは私みたいな初心者向きかな?と思います。

 

スポンサードリンク

 

 

SEO対策については、製作者のNobuoさんが自ら実践して手ごたえを感じているそうですので、安心かと思います。

また、スマホにも対応しているので、面倒臭さも半減。

 

でも何より嬉しいことは…

 

プロフィール欄がついてくる

ブログを運営する上で、プロフィールがあるのとないのとでは、訪れた人の印象も違ってくると言います。

もちろん、私もすぐに使いました(笑)

訪問してくれた方が、「こんな人が記事を書いているのか~」と安心(?)してくれるそうです。

確かに、プロフィールある方が信用してしまうかもしれません。

 

「STINGER3」だと、プロフィール欄は標準装備されていないので、私も悩んでいました。

「どんな風にプロフィール入れたらいいのかな?」

「画像がうまく表示されない…」

なんてことを繰り返していました。

 

でも、「Principle」なら、簡単にプロフィールをサイドバーに入れられますので、初心者さん向けだと言えます。

 

AdSense広告を入れやすい

広告を入れる位置や大きさなど、初心者だとわかりません。

でもできれば広告をいれておきたいな~、なんて人には本当におすすめです。

「Principle」なら、子テーマにAdSense広告のコードを貼りつけるだけで、効率のいい位置に広告を貼ってくれるので、悩む必要もありません。

「STINGER3」もページ右上に広告スペースがありますが、「Principle」の方が、コードを貼りつける位置がわかりやすいので、より初心者向けだと思います。

 

 

私はSTINGER時代(?)にちょっとだけ培ったCSS知識と、Google先生を駆使して、すでにいくつかのカスタマイズを施しています。

 

カスタマイズの話はおいおいできたらなと思います。

これからもちょくちょくカスタマイズして、解説して、もっとCSSを勉強していきます。

 

▶Principleダウンロードはコチラから

 

まとめ

「STINGER」も「Principle」はSEO対策済みの無料テーマ

このブログは「Principle」に変更

「Principle」はWordPress初心者さんにとってもおすすめ

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP