7/25放送「世界一受けたい授業」炭水化物を食べてもダイエットになる?!

7/25放送の「世界一受けたい授業」で、炭水化物抜きダイエットではちゃんと痩せられないという情報がありました。

炭水化物抜き…というか「糖質制限ダイエット」をしたことのある私からすると、ちょっとショックな内容でした。

備忘録代わりに、番組内で勉強になったことを書いていきます。

スポンサードリンク

炭水化物を食べても痩せられる?!

food_toast

今回の「世界一受けたい授業」の目玉とも言える、

「炭水化物を食べて痩せる」

と言う理論。

 

今まで炭水化物は、食べれば食べるほど太るとされていたのに、真逆の情報で驚きました。

 

だって、知り合いのご飯大好きなおばちゃん達は、みんな太っているんです。

私の兄弟もそうだし、私も…(-“-)

それなのに、炭水化物を食べても痩せられるなんてなんか嘘くさいです。

 

炭水化物を食べても痩せられるって、本当なんでしょうか?

 

炭水化物ダイエットをすると、減るのは〇〇?

今回の番組の中で、京大の森谷教授がおっしゃっていたのは、

「炭水化物ダイエットを行うと、減るのは水分」

だと言うことです。

 

炭水化物を抜いて、体重が減ったと言うのは、ただただ体内の水分が減っただけなのだそう。

それはなぜかと言うと、

炭水化物(糖質)を摂ると、その4倍の水分と結合するそう。

そして、それは筋肉の「グリコーゲン」に貯蔵されるのです。

その状態で炭水化物を抜くと、脳を働かせる糖質が足りなくなり、最終的にグリコーゲンに貯蔵していた糖質を分解して使用します。

その後は、糖質が足りないので、水分と結合することも貯蔵されることもないので、その分体重が減ったように見えるとのこと。

 

教授によると、炭水化物から摂取する糖質は、唯一、脳を動かせるエネルギーなのです。

それを摂取しないと言うことは、脳の働きの低下につながります。

それだけではなく、炭水化物ダイエットを続けていると、脂肪は減らなくて、筋肉が痩せ細る危険性があるそうです。

 

また、高炭水化物の食事と、低炭水化物の食事を続けた人を、20年間調査した結果、なんと低炭水化物の食事を続けた方が死のリスクが男女ともに上がるのだそう。

男性で1.5倍、女性で1.35倍にもなるそうです。

 

え~、そんなこと知らなかった…( ゚Д゚)

 

好ましい食事は?

food_gohan

炭水化物ダイエットをすると、ご飯やパンを減らし、タンパク質や脂肪を増やさないといけません。

高炭水化物ダイエットの場合、食事量の60%程度を炭水化物にしなくてはなりません。

 

…なんか太りそうなんだけどな…。

 

そこで、私のような疑り深い人間のために、教授がした実験が、

 

生活リズムの同じ、一卵性双生児に、同じカロリーだけど、片方は炭水化物多め、もう片方は炭水化物少なめの食事を食べさせるというもの。

食後の二人の体温を測り、どちらがエネルギーを燃やせるかを調べました。

 

すると、高炭水化物の食事をした方が、明らかに食後体温が上がり、エネルギーを燃やしていたのです。

低炭水化物の方は、ちっとも体温が上がらず、エネルギーは消費されていませんでした。

 

なんてこった(゚Д゚;)

じゃあこれまでにやった糖質制限ダイエットは無駄だったのかい…凹むわww

 

スポンサードリンク

 

ダイエットに効果的な運動とは?

森谷教授の教える、効果的な運動とは、

普段の何気ない動作

なのだそうです。

要は、普段の、立ったり座ったりなどの動作が運動になるとのこと。

 

とにかく無駄に動くのが大切なのだそう(笑)

 

座っている状態から、立った状態になると、カロリー消費は約20%UPするそう。

座っている状態から、歩く動作をすると、なんとカロリー消費は約300%UPにもなるそうなんです。

 

とにかく、遠くにティッシュを置いておくとか、テレビのリモコンを使わないとか、小さい動きをちょこちょこやるのが効果的なのだそう。

 

普段疲れ気味の自分にとっては大変だけど、なるべく座らない様に心がけようかと思います。

最近疲れててよく座っているので…(笑)

 

この情報は、ご飯やパンなど、炭水化物大好きな方には、朗報だったのではないかと思います。

ですが、やはり言えることは、

しっかり動かないと太るよ!

ってことでしょうか(笑)

 

まとめ

糖質制限ダイエットは水分が抜けて痩せる

高炭水化物ダイエットだと、エネルギーがよく燃える

ちょこちょこ動作でちょこちょこ脂肪を燃やせば痩せる

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP