【節約】浪費家の主婦が貯金するには?!管理人が実践した事のある方法も!

こんばんは、ぐーたら主婦・MANA(まな)です。

今回は家計のことについて書きたいと思います。

独身時代と違い、結婚して主婦になると、家計のことが頭から離れません。

しかももともと浪費家の私。

あればあるだけ使ってしまう私なので、貯金するのが難しいんです。

そこでとった方法とは…

スポンサードリンク

先入観を捨てる

family_syunyu

先述の通り、私はかなりの浪費家で、あればあるだけ使ってしまうタイプなので、貯金なんて無理!

でも、親からも「家計は主婦が握るもの」と言われていたので、その先入観から、浪費癖を何とか直して家計を握らなくては!と思っていました(笑)

ですが、色々なサイトなどを観て回るうち、

「私が管理しなくてもいいんじゃない?」

と思い始めました。

 

そう、私がとった最大の作戦は、

夫が家計を握ること!

だったのです。

浪費家の私とは対照的に、夫は貯金するのが好きでした。

なので、家計のうち、貯金に回したい分を夫が管理することで、私が使い込むことを阻止。

夫もお金に関してはちょっとうるさい方なので、私が「足りない!」と思っても、怒られると思って言い出せず、カツカツでお給料日を迎える、なんてことも(笑)

 

始めこそ抵抗があったものの、今ではお金を残さなくてもいいから楽ちん♪と思っています。

(もちろん、夫が浪費家だったらこの作戦は使えませんが…)

 

夫が家計を管理するメリット

  • 貯金などを気にせずお金を使い切ることが出来る
  • 少ない金額でやりくりできるようになる
  • 臨時出費は夫がしている貯金から出してもらえる

デメリット

  • 買いたいものがあっても買えない(自由には使えない)
  • 何かあった時にすぐにお金をおろせない

 

思いつくのはこれくらいでしょうか。

でも慣れれば快適です。

「夫が貯めてくれてるし~」

と日々安心できます(笑)

どうしても持った分使ってしまう人は、貯金したい分を夫に管理しておいてもらうと安心だと思います。

 

ですが、夫も浪費家だった場合は、自分で何とかしなくてはいけません。

 

よく行われているお金の管理方法・貯金法

chokin_kakeibo

ここでは、主婦の皆様が行われている、お金の管理方法・貯金法を紹介していきます。

家計簿をつける

当たり前だけど、中々続かないこと第1位ではないでしょうか。

私も頑張ろう!と思っても3日坊主で終わってしまいます。

ですが、節約しているのに赤字、というような人はしっかりつけることができれば、原因がはっきりすると思います。

どうしても家計簿付けるのが苦手と言う人は、レシートをノートに貼っていき、月末に見直せば、何が無駄だったのかわかると思います。

 

費目を決めて管理する

費目と言うのは、

  • 食費
  • 日用品費
  • 被服費
  • 通信費
  • 水道光熱費

など、出ていくお金の種類のことです。

よくある方法は、封筒を数枚用意し、費目を書き込み、予算をそれぞれ決めて封筒に入れ、お金を使う時にはそこから出して使います。

この方法のメリットは、残額を管理しやすいこと、費目別にあまったら貯金に回しやすいこと。

デメリットは、何かあった時に融通がききづらいことです。

 

スポンサードリンク

 

月に使う金額をざっくり決める

ズボラな人におすすめなのがこの方法。

その月(またはその週)に使ってもよい金額を決めておき、それを財布に入れて管理します。

残額がいつでも確認できますし、使い過ぎもセーブできます。

費目を細かく決めないので、融通もききやすいです。

 

先取りで貯金する

とにかく使ってしまうのが嫌だ!と言う人は、先取り貯金がおすすめ。

更に定期預金にしてしまえば下ろしづらいので貯まりやすいです。

私が一時期貯金できていたときはこの方法にしていました。

あまり無理のない金額にしておいた方が無難です。

無理している金額で定期預金に回してしまうと、結局定期預金を下ろすことになりかねません。

(実際私もそうなってしまいました…(;´・ω・))

そうなるとそれまでの苦労が水の泡になってしまうので、無理のない金額にしておきましょう。

 

適度に息抜きをする

「節約」「ガマン」ばかりを続けていると、ストレスが溜まって「ドカン!!」とお金を使ってしまうケースも。

多くない程度に自分の趣味や息抜きにお金を使うことも必要です。

実際、お金をしっかり貯金できている人たちは、

「節約はしているけどギスギスしていない」

のです。

それは、ちょっと贅沢な自分の時間を持っているからなのだそう。

ちなみに、現在の私のプチ贅沢は、頂き物のドリップコーヒーを淹れて、ゆったりすること。

夫も子供もいない(もしくは寝ている)時間にほっと一息つくのが落ち着きます。

とはいえ、プチ贅沢し過ぎると家計を圧迫するので、適度にしましょう。

 

まとめ

まずは先入観を捨ててみる

お金の管理は夫婦のどちらか得意な方が行う

自分に合ったお金の管理方法を探そう

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP