祖父が認知症だった頃の話

大山のぶ代さんが認知症で闘病中だとネットでニュースになりました。

今回はちょっとだけ、筆者の体験談を書きたいと思います。

10年前に亡くなった、祖父のお話です。

スポンサードリンク

祖父は認知症でした

私の亡くなった祖父も認知症でした。

roujin_ninchisyou_man

徘徊等繰り返し、母はとても大変だったと思います。

施設には空きがなかったため、夜中の徘徊も母が見ていました。

(私はそのころ一人暮らししていましたので、帰った時だけ面倒見てました)

 

祖父の症状は主に、徘徊すること、トイレがわからなくなること、他の人がわからなくなるなどでした。

母のこと(娘)がわからなくなったりしていました。

(なぜか私のことだけは覚えていました…お祖父ちゃん子だったからだと思います)

 

母は祖父に、やりたいことをやらせ、デイサービスに通わせていました

幸い、酷い性格になるなどの症状はありませんでした。

 

田舎で、お風呂は薪で沸かしていたので、祖父が1日中薪割りをしたり(昔取った杵柄、で、ちゃんとできるんです)、もともと農家だった祖父に、祖父専用の畑を割り当てたりしていました。

種をまいた畑に、更に違う種をまいていたのは、今でもいい笑い話です。

(全く違う2種類の芽が出てきて爆笑しました)

syokubutsu_nae

最後は施設にも入り、のんびりと過ごし、肺炎で亡くなりました。

 

母を見ていて思ったこと・言われたこと

ただ、母をみて思ったのが、やはり介護は一人では無理だということ。

私の実家では、当時、姉と妹が一緒に住んでいたので、母を助けていたそうです。

母は「妹が、トイレで祖父が粗相したのを片付けてくれたりして、とても助かった」と言っていました。

私が結婚する時も、

「もしも夫の親に介護が必要になったら(夫は長男なので)、迷わずに行政の手を借りなさい。例えそれが親不孝だと言われても、共倒れしては何にもならない。自分たちの生活や子供(母から見れば孫)の生活が第一なのだから」

と言っていました。

 

これは、経験者にしかわかりません。

もちろん、認知症の度合いもあると思います。

よく、

「施設に入れるなんてかわいそうだ」

「親を捨てるのか」

と言う意見も耳にしますが、

「じゃああなたは24時間介護できるのか?」

と聞きたいです。

絶対に目を離さず、片時もそばを離れず、何もかも面倒を看てあげられるのか?

 

スポンサードリンク

 

 

答えはNOですよね。

 

むしろ、施設に入った方がいいことも多いです。

介護する方は疲れ切ってしまい、些細なことでもイライラしてしまったりします。

私の祖父のように、夜中に徘徊するようなパターンだと、介護する方は慢性寝不足です。

(母はよくテーブルに頬づえして、うとうとしていました)

そうなるとやはりイライラしてつらく当たってしまったりすることもあると思います。

酷くなると、「いなきゃいいのに」とか思い始めてしまうことも…。

そうなるくらいなら、施設入れて、お互いが心穏やかに暮らした方が、双方幸せになれると思います。

時々お見舞いに行って、にこにこしている方がいいじゃないですか。

 

勿論、当時私の祖父もそうだったように、すぐに施設に入れるわけではありませんから、日中ずっと預かってくれるデイサービスを利用したり、ヘルパーさんに来てもらったりすれば、多少負担も軽くなると思います。

 

余談…和むお話

余談ですが、私の祖父は、野の花を摘んでデイサービスのお迎えを待っていました(笑)

flower_tsuyukusa

お迎えに来てくれる職員さんにあげるんだと言っていて、和みました(*´▽`*)

迎えが来る前は「行かん」と言っているのに、ちゃんと準備して外で車を待っているんですよね。

「行かないなら自分で断るんだよ」と、母が言うと、「うん」と言うのですが、車が来て職員さんが降りてくると、断れないみたいでした(笑)

花を摘んで待つあたり、実は嬉しかったのかもしれません。

日中はみんな仕事や学校であまり相手をしてあげられませんしね。

 

本人も、なんだかんだ言って楽しそうでしたし、そういったサービスを受けることが「すべて悪い!」と決めつけるのは間違っていると思います。

 

そういった人には、ぜひ考えを改めてもらえたらな~と思います。

 

というわけで、筆者の祖父と母のお話でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

大山のぶ代は認知症だった…認知症の初期症状とは?

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP