出産祝いの相場は?現金以外なら何を贈る?

こんにちは、ぐーたら主婦・MANA(まな)です。

実は最近、知人が赤ちゃんを産んだということで、母とともにお祝いに行く予定です。

ですがそこで悩むのがご祝儀

どれくらい贈ればいいのか、また、現金でない場合はどんなものがいいのか調べてみました。

スポンサードリンク

出産祝い、どんなものが嬉しい?

syussan_akachan

私も娘を出産した時、今回出産した知人(姉の友人で幼馴染)のご両親からお祝いを頂きました。

やはり現金は嬉しいものです。

赤ちゃんのお洋服などだと、やはり趣味や好きな色などがありますので、自分で選べるのはありがたいです。

とはいえ、現金だと金額がもろにわかってしまいます。

なので、「物」でもいいと思います。

 

私がもらって嬉しかったのは、よだれかけとおむつケーキ

(おむつケーキは、紙おむつをケーキの形にしてデコったもの)

よだれかけは、2歳くらいまでは頻繁に使います。

おむつケーキはすぐに使えますからとても実用的です。

 

とはいえ、そういったものを購入しに行く暇がない場合や、どれを選んでいいかわからない場合は、やはり現金が無難です。

 

一体どれくらい包めばいいのでしょうか。

 

出産祝いの相場

baby_template1

出産祝いだけでなく、ご祝儀の相場は、相手との関係性で変わってきます。

親族の場合の相場はコチラ

 

今回の私の場合は、知人ですが、カテゴリーとしては友人の部類になるのだと思います。

ということは…

5,000円~

ということになります。

私は実家から離れて久しく、お付き合いはほぼありませんが、母が仲が良いので、それくらいが妥当かなと思います。

(私の娘が生まれた時に、ご祝儀を頂いていますし)

 

正直、生活もそんなに裕福ではないので、5,000円のご祝儀にするか、それくらいの品物を贈るかで悩んでいます。

 

もしも現金で送る場合は、のし袋に入れて贈ります。

表書きは「御祝」「ご出産」「寿」等にします。

(「御祝」が無難でいいと思います)

また、のしは結びきりと蝶結びがありますが、出産祝いの場合は蝶結びを選びます。

結び切りは、一度だけでいいことのお祝い(結婚や快気祝い)に使い、蝶結びは何度あってもいい事(出産や季節ごとの贈り物など)に使用します。

水引の形を間違えると、大変失礼になりますので、絶対に結び切りを選ばないように気を付けましょう。

 

参考までに…

present_box

貰ってよかった&困った出産祝いランキングはコチラ

このランキングを見ると、

「お母さんが育児で忙しくて手が回らない分野のものを買っていくと、後々とても喜ばれる」

というのが良くわかります。

確かに、絵本などはすぐには使わないけど、いざ買おうとすると高いですし、何を選んでいいかわかりません。

 

スポンサードリンク

 

私も、「絵本買ってあげないとな」とは思っていても、中々買いに行けなかったですし、本屋さんに行っても、たくさんの絵本の中からいったいどれを選ぶのがいいのかわかりませんでした。

(結局ノンタンシリーズにしました…)

「あ!」って思った時に手元にあると言うのは、とてもありがたいものです。

 

ただ、気を付けないといけないのは、マザーバッグや食器セットの場合は、ご両親が購入している場合があるので、親しいなら聞いておくと良いと思います。

お食い初めの時にご両親が購入する計画などがあるかもしれませんしね。

 

出産後のお母さんと赤ちゃんは約一か月はあまりおうちから出られません。

その間に必要かな、と思われるものを贈るものいいのではないかと思います。

親しい仲なら、何が必要か、自分では買わないけど貰ったら嬉しいものはないか、ダイレクトに聞いてしまうのもいいと思います。

欲しいものが貰えるのは本当に嬉しいですから。

 

私はできるなら、授乳クッションが欲しかったです(笑)

自分で買うには結構高いので、結局購入せずに終わりました。

万が一また機会があれば、その時には絶対購入したい!と思っています。

授乳って、肩も凝るけど、手首も痛くなるんです。

私はだっこの仕方が下手だったのか、腱鞘炎になりました(゚Д゚;)

授乳クッションがあれば、肩だけでなく、手首の負担も減らせます。

お父さんがミルクをあげるときにもいいと思います。

出産したお母さんが持っていない場合には、贈ってあげると喜ばれるかもしれません。

 

まとめ

友人への出産祝いは、5,000円程度が無難

のしには「御祝」と書こう

おむつケーキやよだれかけなども喜ばれる

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP