11/9放送「スッキリ!!」糖化とは?老化を防ぐ方法!

11/9放送の「スッキリ!!」にて、「糖化」について特集が組まれていました。

「糖化って何?」

と思った私は、番組を観つつ、糖化について調べることに。

実は糖化って、老化の原因にもなるそうなんです。

今回は、糖化についてと、糖化による老化をなるべく抑える方法を備忘録代わりに書いておきます。

スポンサードリンク

糖化とは?

sugar

糖化」とは、

摂りすぎた余分な糖が体内のタンパク質と結びついて「老化物質」を作ること

をさします。

(老化物質とは、「AGEs」という「糖化生成物」のことです)

 

「スッキリ!!」内では、プルプルの牛の脂肪が、糖化するとカチカチになってしまう、これと同じようなことが、人間の体内でも起こると解説されていました。

 

糖化が起こることによって、我々の体の中では、下記のようなことが起こります。

  • 老化の加速
  • 肌のたるみ・黄ぐすみ
  • 髪のハリや艶がなくなる
  • 生活習慣病になりやすくなる

など、体にとっては悪影響なことが多いです。

特に女性にとっては、肌のたるみなどは気になるところ。

 

糖化を防ぐには、どうしたらいいのでしょうか?

 

「糖化」を抑える3つのポイント

finger_count03

「スッキリ!!」の中では、「糖化」を防ぐには、日常生活の中で3つのことを実践するといいと放送していました。

焼く・揚げるのを控える

「糖化」は体内でも起こりますが、摂取する食物によっても左右されるそうなのです。

といっても、これを食べてはダメ、というものではなく、問題なのは調理方法。

 

例えば、パンやケーキを焼いたときに、表面が茶色くなりますが、あれも「糖化現象」なのです。

それを食べると言うことは、「糖化」原因そのものを食べていると言うこと。

 

「糖化」の観点から言うと、食物は生で食べるのが一番いいのですが、お肉などはそうもいきません。

そこで気を付けるのが「調理方法」なのです。

お肉なんかは、焼いたり、揚げたりすることの方が多いと思いますが、それだと糖化の原因物質が多くなってしまうそう。

なので、できるだけ、

ゆでる・蒸す・煮る

という調理方法にした方がいいそうです。

 

焼いたり揚げたりすると、糖化物質が何倍(ものによっては10倍、20倍)にもなるので、要注意です。
例えば、生卵を目玉焼きにすると糖化物質は26倍にもなるそうです。

結構目玉焼き好きなのでショックです( ゚Д゚)

なるべくゆで卵にするようにしようと思います(笑)

 

食事の前にグレープフルーツを食べる

食事の前に、「グレープフルーツ」を食べることを番組では推奨していました。

「グレープフルーツ」に含まれる「クエン酸」や「食物繊維」などが、食後の血糖値の急上昇を抑えてくれるそうなんです。

 

おすすめされていたのは、朝食・昼食の前に食べること。

夕食前は食べない方が良いそうです。

(夜に食べると中性脂肪が増えてしまうかららしいです)

 

お茶を飲む

1日に1杯の緑茶を飲むといいそうです。
ビタミンCとカテキンを含むお茶なら、緑茶以外でもOK。

緑茶に含まれるカテキンが、糖化物質を減らしてくれるそう。

 

1日に3杯、コーヒーを飲む方なら、そのうちの1杯を緑茶に変えることで十分なのだそうです。

 

番組で紹介されていたポイントは以上の3つです。

しかし、調べてみると、他にも色々な方法があることがわかりました。

 

その他の糖化予防法

magnifier2_nurse

野菜から食べる

食べる順ダイエットで話題になった、食事の初めにサラダを食べる、という方法が、実は糖化予防にもいいそうなのです。

炭水化物(ご飯や麺類)を食べる前に、野菜、そして肉や魚などのタンパク質を食べるのが大切です。

 

スポンサードリンク

運動をする

食後1時間で、血糖値は一番上がります。

そのころに運動をするのがベストなのだそう。

特におすすめなのが「ウォーキング」。

30分程度でもいいのでウォーキングすると、糖化予防だけでなく、生活習慣病予防にも有効です。

また、運動後には糖分を含んだ飲み物は飲まないようにしましょう。

 

タバコの煙を吸わないようにする

タバコの煙には、糖化物質を増やしてしまうという、嫌な効果もあるのだそう。

喫煙している方は禁煙する、家族や友人等が喫煙者の場合は、副流煙を吸わないようにすることが大切です。

家族などがタバコを吸う場合には、外で吸ってもらったり、換気扇の下で吸ってもらうなど、配慮してもらうようにしましょう。

 

炭水化物や糖を食べすぎない

炭水化物は、摂取すると体内で「糖」に分解されます。

炭水化物を摂りすぎると、純粋に体内の糖分が増え、余ってしまい、糖化現象を起こします。

ですので、摂取する炭水化物を減らすのも有効です。

また、コーヒーなどに砂糖を入れているなら減らしたり、やめたりするのもいいと思います。

炭水化物や糖分を摂取すると、血糖値が上がってしまうので、血糖値が上がらないような食物・飲料を選ぶのもいいでしょう。

 

低GI食品を食べる

低GI食品をメインに食べることで、糖化を防ぐことができます。

(下の表の緑の部分)

GI

画像引用元:大原薬品工業

 

もちろん、高GI食品を絶対食べてはいけない、というわけではありません。

バランスよく食べることも大切です。

普段の生活で、心もち、低GI食品多めにするとよいのではないかと思います。

神経質になりすぎるとストレスもたまりますので、ほどほどに(*’ω’*)

 

お肌のためには、睡眠をしっかりとり、紫外線対策を

糖化のせいでお肌がたるんだり、黄色くくすんでしまったりするのが嫌な人や、少しでも改善したい人は、

睡眠時間をしっかりととり、紫外線の対策も併せて行いましょう

肌の糖化には、紫外線の影響も大きいので、日焼け止めや日傘など、紫外線対策もきっちりと行います。

また、睡眠時間はなるべく6時間以上とりましょう。

睡眠時間が短くなると、お肌の修復が出来なくなってしまうので、なるべく質の良い睡眠を、たっぷりの時間とれるようにしましょう。

 

まとめ

糖化=老化

調理方法は、焼く・揚げるよりも、ゆでる・蒸す・煮る

炭水化物を減らし、お茶を1杯飲む

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP