有名人を見つけたらどうする?プライベートを侵害するのはあり?

有名人を見つけると、TwitterやFacebookなどで、いつ、どこで、誰々を見かけた!なんてコメントをよく見ます。

特にプライベート中は、有名人や芸能人であっても、邪魔されたくないはず。

ですが、「写真良いですか?」「握手してください」「サインください」と言ってしまう人がいるのも事実です。

有名人の方の「仕事」と「プライベート」の線引きっていったいどこなんでしょう?

スポンサードリンク

北斗晶の対応に絶賛の嵐

hokutoakira

画像引用元:www.hokepon.com

タレントで、鬼嫁で有名な北斗晶さん。

同じ母親として、私は北斗さんを結構尊敬している方なのですが、その北斗さんがTDL(東京ディズニーランド)でした対応に称賛が集まっています。

夫である佐々木健介さんと、結婚記念日を祝うためにTDLを訪れた北斗さん。

園内では、多くの人々から撮影を求められたという。北斗は「この仕事をしている上ではとても有難い事です」と前置きしたうえで、「夢の国には、沢山の可愛い可愛いキャラクターがいます そんな中で、沢山の人があたし達の回りに集まって写真を撮る事は、ディズニーランドで一生懸命働く皆さんに大変失礼になる行為になると思います」と自身の考えを示す。そのため撮影の依頼はすべて断ったそうだ。

北斗は、「夢の国では、キャラクター以外の者が目立つ行為は、絶対に宜しくないと思っています 写真を断られて腹が立った方もいるかと思いますが、どうぞご理解の程 宜しくお願い致します」とファンに理解を求め、さらに「出来ましたら、目立つ仕事をされてる方々が夢の国に居るのを見かけた時は、皆さんと同じく夢を見させてあげてくださいね」と続けた。

引用元:YAHOO!JAPANニュース

とても常識ある、素晴らしい対応だと思います。

TDL側の「夢の国」であるという設定を忠実に守り、訪れた人全員が夢を見れるようにとの配慮と言えます。

 

これを受けて、色々な人が、

「正論」

「素晴らしい」

と絶賛しています。

 

しかし、私たち一般人が有名人、特に芸能人を見つけた時、テンションが上がってしまうのも事実です。

 

田舎者が芸能人を見つけた場合

私も、昔々、働いていたホームセンターで、芸能人の方を見つけたことがありました。

仕事中というのもありましたが、

「サインください!」

なんて言えるような勇気の持ち主ではなかったので、

「おお~、〇〇さんだ~」

と思いながら遠巻きに見ていました。

周囲の店員やお客さんもそんな感じでした。

田舎だと、芸能人にあまり免疫がなくて、みんながひそひそしながら、見つめている、と言う状況が多いのではないかと思います(笑)

 

私たちの場合は、芸能人が帰った後で、

「見た?ねぇ見た?」

みたいに盛り上がっただけで、誰も声をかけたりはしませんでした。

その人は店内を見て回って、買い物をされましたが、特に人だかりができるでもなく、のんびりと買い物を楽しめたのではないでしょうか。

私のような田舎者だと、見たことにテンションが上がるだけで、サインとか握手とかは頭から吹っ飛んでしまいます(笑)

 

とはいえ、私のような人間ばかりではなく、中には芸能人のプライベートを自分のネタにしてしまう人がいるのも事実です。

 

芸能人のプライベート、どこまで?

芸能人のプライべートや、どこにいるかと言う情報は、どこまで流していいものなのでしょうか。

例えば、

〇〇がドラマ撮影に来てたよ!

これくらいなら別にいいかな、と思います。

何より仕事中ですし、向こうからすればドラマの宣伝にもなりますよね。

ドラマが始まったら、「あ、これ撮影見た奴だ!ちょっと見てみよう」ってなりませんか?私はなります(笑)撮影に出くわしたことはありませんけど。

 

〇〇が買い物してた!

これも、場所を特定していないならいいかな、まだ許されるレベルかな、と思います。

買い物くらいは誰でもしますし、場所さえわからなければ迷惑は掛からないかな、と思います。

それでも書き込まないに越したことはありませんが…。

 

〇〇が◇◇と、××で買い物してた!△△買ってたよ!

これは完全にNGだと思います。

誰と誰が、どこで、しかも何を買っていたかまで書くのは悪質なのではないかと思います。

 

〇〇がうちの旅館に◇◇と泊まりに来た!

これは完全にOUTですね。

旅館やホテル等の従業員が、宿泊しているお客さんの情報を呟いたりして、トラブルになったこともありました。

仕事で知りえたことを他に漏らすなんて言語道断です。

これでもしも訴えられたりしたら、莫大な損害賠償を請求されたりすることもあり得ます。

 

スポンサードリンク

 

プライベートで遊んでいる芸能人に写真や握手を求める

これは相手の芸能人の対応によるところも多いかもしれませんが、できればそっとしてあげてほしいと思います。

確かに、「いいですよ」と気さくに応じてくれるかもしれません。

ですが、彼らも人間ですので、少しは気にせずにおいてあげてもいいのではないかと思います。

 

もしもこれが自分達だったとしたら

芸能人の立場を自分に置き換えてみたらどうでしょうか?

 

会社員の人なら、すごく気を遣う取引先の人に出かけた先で会ってしまう。

子持ちのお母さんなら、それほど仲良くないママ友たちに囲まれる。

接客業の人なら、うるさいお客さんに話しかけられる。

専業主婦の人なら、大して好きでない義実家の人たちに同行を求められる。

 

プライベートで出かけているのに、プライベートになりませんよね?

むしろ気が休まらないのではないでしょうか?

楽しくないですし、何をするにも気を使います。

 

プライベートではやはり羽をのばしたいですよね。

 

確かに、私たちからすると、芸能人の方などは輝いて見えますし、一緒に写真撮ったり、サインを貰えたりすれば、自慢もできるし話のタネにもなります。

でも、それは相手のプライベートを侵害した上に成り立っていることを忘れてはいけません。

 

もちろん、握手会やサイン会なんかは別ですよ。

お仕事で来ているのなら、ファンサービスも仕事のうちだと思います。

会社員の方が取引先を接待するようなものです。

 

ですが、プライベートなら、そっとしておいてあげるのが一番いいのではないかと思います。

 

まとめ

北斗さんのTDLでの対応はとても素晴らしいと思う

芸能人や有名人といえどもプライベートを侵害してはいけないと思う

自分たちがされたら絶対嫌だと思うので、そっとしておいてあげよう

 

以上です(*’ω’*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP